株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/10/17

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/10/17

今朝の高松は雲一つ無い快晴なんですが、このシーズンの朝のこの天気だと放射冷却で
寒さが厳しくなります。
その後、時間がたってくると、お昼頃には暑くなってきて、また夕方には寒くて
本当に服装に困ります。

夜が明けた頃の気温は12℃前後で、午後の気温は22℃前後ですので、10℃の気温差があるので
何を着るのか本当に困ります。

海辺や海上は、陸以上に気温差が激しいので、この時期は真冬の重装備から夏の軽装まで
準備した方が良いです。
幸い船の収納スペースは多いので、何枚ものジャケットや着替えを持ってきていただいてもかまいません。

昨日の相撲の君ヶ濱親方も、半袖Tシャツでお越しでしたが、途中から波をかぶったせいもあり
寒い寒いとバスタオルにくるまっていました。

秋の海は冬の装備で出かけて、陽気が良いと脱いでいき半袖シャツ1枚になるのが、定番です。
ウインドブレーカーやダウンジャケット、フリースやセーターなど、準備してきて下さい。

僕たちはその他に、防水のカッパ(オイルスキンって言います)や、靴下を何足かタオルを数本持っていきます。
濡れたままだと、ドンドン体力が落ちていき震えが止まらなくて低体温症になったりします。
「備えあれば憂い無し」です。

では、また明日。

14.10.17.5.JPG
雲一つ無い良い天気です。

14.10.17.4.JPG
西の空も晴天です。

14.10.17.2.JPG
でも、朝はチョット寒いです、海の上だと風も冷たいです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1161

コメントする

コメント