株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/10/05

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/10/05

今朝の高松は、台風18号のせいなのか、上空は黒くて重そうな雲でいっぱいです。
雨が降り出さない間に、避難作業をすませたいので朝からバタバタしています。

デッキから舫いロープを全て地上に降ろして、四方八方に固定しました。
デッキ上の飛びそうな物も固定したり、収納したりしました。

台風が来る度に同じ事を繰り返しますが、確りと準備が出来た時に限って
そんなに影響が無かったりしますが、それはそれで良いんです。

何も被害が無くって済んだんだから、それ以上の贅沢は言いません。
その逆は恐ろしいです、今回の台風もスピードが速いので甘く見てると
あっと言う間に突風や豪雨に襲われるようです。

マリーナスタッフは、昨日から風で波が高くなりそうなので、岸壁の近くに置いてある船を
全て移動させたり、セットバックさせています。
この後、船をロープで固定して行くようです。

残念なことに、台風19号が発生しています、ほぼ台風18号と同じルートを通っています。
来週末から連休明けあたりに日本に影響が出そうです。
3週連続の台風ですが、淡々と対応していくつもりです。

連休もあるし、秋の観光シーズンだし、台風には来て欲しくないんですが
そんな人間の都合は、自然の前では何の役にも立たないので、謙虚に無理をせずに
安全第一で対応していくつもりです。

10/11のクルージング打合せを、今日お客様としていましたが
「台風19号が来ますので、ダメなときはあきらめて下さいね」って、言うと
「え!18号じゃ無くって、19号ですか!知りませんでした〜」って、感じでした。

普通はこんな感じです、でも出来るだけ多くて確かな情報を手に入れて、的確な判断をするのも
私達の仕事なので「今の時点では、来週末も台風が近づきそうなので、天気予報を注意していて下さい。」
「状況がわかり次第、出来るだけ早くご連絡します」って、事になりました。

今年は日本中で天災や自然災害が多い年です、被害に遭わないためにも確りとコミュニケーションを
取り、無理の無いスケジュールを立てていきたいと思います。

出航出来ないことが一番辛いことでは無くって、悪天候の中無理をして出航して
酷い目に遭い、海が恐くて辛くて嫌なところだと、お客様が思ってしまうことが
最悪なんだと思っています。

瀬戸内海は、美しい島と綺麗な海と素敵な島人立ちが住んでいる、素晴らしいところなんです。
この中を行き来するヨットが楽しくないはずが無いって、何時も思っています。
年に何回かの大荒れの海の日には、おとなしくじっとガマンした方が良いと思います。

では、また明日。

14.10.5.1.JPG
黒くて重たそうな雲でいっぱいです。

14.10.5.6.JPG
只今避難中です。
今朝の6時過ぎに、海上保安庁から、第一警戒体制が発令されました。
香川県全域の港に、荒天準備、係留の強化、陸揚げ避難、連絡手段の確保など、指示がでました。

14.10.5.7.JPG
ロープで固定完了しました。

14.10.5.12.JPG
マリーナの他の船も避難態勢に入っています。
後は無事に通過しますように、お天気の神様にお願いします。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1146

コメントする

コメント