株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/10/01

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/10/01

朝から真っ黒な雲がマリーナの上空を覆っています。
予報では曇りのちはレなんですが不安です、夕方出航予定なんですが大丈夫でしょうか?

お昼頃には少しだけ晴れ間も観られたんですが、その後相変わらずの曇り空です
残念ですが、夕日は見えないと思います。

案の定出港時には朝以上の雲で空は覆われてしまいました。
こうなったら雨だけでも降らなければヨシとします、日没まで頑張って下さいと願うばかりです。

何とか雨は降らずに帰港出来ました、こんな天気で夕日も見えなかったし、夕焼けも無かったし
残念だな〜って思っていたら、お客さんは上機嫌なんです。

「涼しくて良かった」とか「穏やかで良いね」とか「瀬戸大橋が見えた!」とか言って
喜んでいます。
綺麗な夕日が見せられなくて辛いなって思っていたんですが、皆さんは瀬戸内海を観たり
船に乗ることが新鮮で楽しいようです。

知人友人達と波にゆられながら、話をしたりビールを飲んだりお弁当を食べたり
夕日以外にも楽しいことがいっぱいあるんです。
少しぐらい曇っていても、これもまた楽しいって事なんですね。

良い天気じゃないととか、夏が終わったからって決めつけずに、海や島や船は何時でも良いんですよね
天候やシーズンじゃなくって、その時の自然をありのままに楽しむって素晴らしいです。

自然の中で良い仲間達と素敵な時間を過ごす、これが一番です。
今日はそんな事を教えていただいた気がしました。

では、また明日。

14.10.1.1.JPG
朝から曇っています。

14.10.1.4.JPG
夕方出航しましたが、夕日は観られそうに無いです。

14.10.1.7.JPG
高松の街も夕暮れで明かりが見え始めました。

14.10.1.9.JPG
この方向に夕日が見えるはずなんですが、今日は夕日も夕焼けも観られませんでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1141

コメントする

コメント