株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/05/28

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/05/28

今日は朝から豊島へ向かっています、海上は良い天気なんですが靄がかかっていて
見通しが悪くなっています、数隻の海保の船が事故が無いように巡回しています。

安全速度で無理をせずに、無事に東備讃瀬戸航路も横断しました。
豊島の廻りも靄で見えにくくなっていますが、暗礁も避けて豊島の唐櫃港に到着しました。

満潮の唐櫃港内は、平日なのでのんびりしていて、気温は高いのですが風が気持ちよくて
暑くても真夏とは違うすごしやすさがあります。

お昼を過ぎても、靄は晴れません。
風が弱いので、今日は一日中こんな感じみたいです。
帰りも、無理をせずにのんびりと帰って来ました。

相変わらず、航路のあたりでは海保の巡視艇が見回りをしていました。
靄が晴れるまで、頑張ってくれるようです。

交通量の多い瀬戸内海の平日は、油断をすると事故が発生します。
せっかく綺麗になった海も、一回の事故で台無しになってしまいます。
これから梅雨時期は特に見通しが悪くなるシーズンなので、気を付けたいと思います。

では、また明日。

14.5.28.2.JPG
朝から豊島に向かっています、遠ざかっていく高松の景色が靄で霞んでいます。

14.5.28.1.JPG
屋島も靄で見えにくくなっています。

14.5.28.16.JPG
豊島の唐櫃港に入っても靄がかかったままです。

14.5.28.7.JPG
平日の島の港内は、静でのんびりしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/990

コメントする

コメント