株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/04/16

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/04/16

今日の高松は天気も良く気温も高くなるって予報なので、喜んでいたのですが
寒いです、海上は春とは思えない寒さです、太陽が薄い雲に一日中隠れているせいなのでしょうか?

予報では24℃前後にまで気温が上がりそうだったので、半袖を着てきたんですが
寒くて何枚も重ね着をする事になってしまいました。(大失敗でした)

朝から直島へ行き、お客様を乗せて犬島と豊島へ行って来ました。
海上は一日中春霞がかかっていて、ボヮ〜っとした感じで重たい景色でした。

今シーズン初の犬島と豊島の唐櫃港と家浦港行きだったので、港内の状況や
係船場所の確認なんかも出来て、とても良い航海でした。

ちょっと、ハードに走り回ったので、帰りは疲れてボ〜っとしているのかなって思ったら
夕凪で周りの景色が本当にぼやけたようになっていました。
春の瀬戸内海ならではの景色です。

では、また明日。

14.4.16.16.JPG
犬島の美術館の横を通過中です。

14.4.16.21.JPG
豊島の家浦港に到着しました、短時間だけなら桟橋に留めても良いって、許可いただきました。

14.4.16.34.JPG
瀬戸内海の夕凪を、夕日がピンク色に染めています。

14.4.16.36.JPG
高松の街もピンクの薄い靄に包まれています。




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/942

コメントする

コメント