株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/03/18

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2014/03/18

今日の高松は、海上は朝から靄が出ていて島も船も見えにくくて、とても危険な状態でした。
風が無くって気温が高くって水蒸気が湯気のように立ち上って、朝靄になっているようです。

天気予報では午後から強い西風が吹いて荒れるって言ってたんですけど、完全に外れてしまいました。
いつまで待っても風は吹かず、そよ風程度です。

マリーナが定休日で昼間でも誰もいないので、危なくなったら対応するために待機していたんですが
残念なことにって言うか幸いな事に、全く空振りに終わりました。

ニュースでは、関東の方で午前中から突風が吹いて、気象庁は春一番だと言っているそうです。
先日も強い風は吹いたんですが「春一番」って言うには、色々な条件があるそうです。
先日の強風は、日本海に低気圧がいなかったのと、南の風じゃ無かったので「春一番」とは言えなかったようです。

四国も高知県あたりでは風が強かったようですが、高松は完全に今日の予報はハズレでした。
荒れる方に外れたんじゃ無いので、良いんですが誰もいないマリーナで、待機するのはチョット退屈でした。

未だもう一回今週末に寒くなるようです。
その前後に風も強くなり海も荒れそうです、それが終わるといよいよ暖かい春です。
いよいよ桜前線が気になるシーズンです。

では、また明日。

14.3.18.10.JPG
静かな定休日のマリーナの海です。

14.3.18.8.JPG
風も波も無く、全く揺れません。船内でいると船に乗っていることを忘れそうです。

14.3.18.7.JPG
海上は朝から靄で見通しが悪くなっています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/908

コメントする

コメント