株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2013/10/20

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2013/10/20

今朝の高松は昨日からの雨が続いています。
昨日より風は弱くないましたが、気温が低い上に雨に濡れているので
寒さが身にしみます。

こんな天気の中、今日は犬島へ行きます。
男木島を過ぎたあたりから雨が降り始めて犬島に着くまで降っていました。

幸い犬島に到着すると雨が上がり、島内を廻るには問題なくて良い感じでした。
流石に芸術祭期間中の日曜日なので人も多くて、外人さんや若い男女などが
楽しそうに島を廻っていました。

雨も上がり帰りは順調にクルージングできるかなって思ったら
豊島あたりからドンドン雲行きが悪くなってきて、また雨が降って来ました。

東備讃瀬戸航路あたりからは、靄のようになって来て、視界も悪くて
行き交う船を見落とさないように必死でした。

高松も女木島も全く見えないので、心細いやら寒いやらで情け無くなりました。
女木島を過ぎたあたりから、やっと高松の街が見え始め、一安心しました。

雨に濡れて寒いクルージングでしたが、同行した皆さんの楽しそうな笑顔に
救われました。
今度は良い天気の日に来て下さい、瀬戸内海はこんなもんじゃないんです。
この次は素晴らしい瀬戸内海をご覧に入れます。

では、また明日。

13.10.20.4.JPG
今朝は曇ってました、このまま雨が上がってくれたら良いなって、思ったんですけどね......

13.10.20.11.JPG
犬島に到着しました。道中雨でした、犬島へ着くと雨は上がっていました。
このまま上がってくれると良いのになって、思ったんですけどね......

13.10.20.14.JPG
犬島を出航して、高松に向かっています。今は曇りなので、このまま上がってくれると良いのになって
思ったんですけどね........一日中希望はハズレ続けてしまいました。「だめだこりゃ〜」でした


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/743

コメントする

コメント