株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2013/2/4

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2013/2/4

今朝の高松港沖は、昨日とはがらっと変わって雨です。
しとしと一日中降っています。
寒くは無いのでまだいいですが、上空は全部雲で覆われていて
重たい憂鬱なお天気です。

重たい空を見上げながら、昨日は釣り日和で良い日曜日だったと
話していて、皆さん大量でしたかと聞いたら、タコは素人でも釣れるので
面白くないそうです。

熱心な釣り人は、昨日はタイや、グチや、ニベなんかを釣ってたそうです。
「タイは良いけど、グチとかニベは美味しくない魚なので、良くないんじゃないですか」
と聞いたら、鮮度さえ良ければグチやニベも美味しいそうです。

「じゃ〜ボラよりましですね」って言ったら、ボラも汚れた川なんかのボラは臭くてダメだけど
綺麗な海で釣れたボラはもの凄く美味いそうです。
刺身は、素人では鯛と見分けが付かず、ハマチや鯛以上に上手いそうです。

「それは、寒ボラだけですよね?」って言ったら、夏でもとても美味いそうです。
寒ボラは、深いところで動かないので釣りにくい魚で、難しい釣りなんだそうです
それで、釣り人の間では貴重だと言うだけで、美味しいのは水さえ綺麗なところで
生きているボラなら、何時でも美味いそうです。

何となく、イメージだけで知ってたつもりでしたが、事実とはだいぶ違っていました。
聞いてみると面白い事だらけです、釣り好きの人の話もそうですが、島の漁師さんや
お年寄りなど、誰の話を聞いても、面白い話ばっかりです。
雨の何もできない日に、とりとめの無い話をするのも、贅沢な楽しい時間です。

では、また明日。

13.2.4.1.JPG
雨の朝です、上空は一面雲で覆われています。

13.2.4.8.JPG
風が無いので、マリーナ内も静です。

13.2.4.11.JPG
マリーナの上空も雲でいっぱいです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/439

コメントする

コメント