株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)11/23

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)11/23

今日の高松は雨です、昨日の夜からずっと降っています。
夜が明けると小降りになりましたが、曇り時々雨って感じです。

今日と明日の2日間、高松市の港にある玉藻公園(高松城跡の公園)と、女木島の2会場で
開催される「瀬戸内生活工芸祭」のお手伝いをします。
2日間は海のそばにいますが、船やマリーナから離れています。
船のめんどうは、マリーナスタッフにお願いしてきました。

朝の6時頃全国からの出展者さんや、バザールの参加者さんが会場の準備に来られました。
小雨の中屋外の展示スペースに、各自の作品や商品を飾り、10時頃にはほぼ皆さん準備が終わりました。
後は、雨が上がって天気が良くなるのを末だけです。
いよいよ長い2日間の始まりです。

11時に開場しました、開場と同時に大勢のお客様がどっと押し寄せてきました。
雨の中皆さん興しいただけて本当に嬉しかったです。
雨なので誰も来なかったら困るな〜とか思ってたんですが、大勢のお客さんの顔を見て一安心しました。

最終的に初日のお客様は5千人以上になりました。
女木島開場は1時間30分待ちになった会場もあったそうです。
玉藻公園の室内会場も入場制限をかけさせていただくほどでした。

大きな問題も無く、無事に初日を終えることができ、本当に良かったです。
普段とは違う疲れ方をしましたが、よく寝て明日も4時起きで頑張ります。

では、また明日。

11.23.1.JPG
準備の終わった玉藻公演内の建物「重要文化財披雲閣」です、ここで3人の作家さんの作品と讃岐民具連の
作品が展示されています。建物や庭を見るだけでも凄く楽しくなる空間です。
開演準備ができました、スタッフはドキドキしています。

11.23.4.JPG
開園と同時にお客様が大勢来ていただけました。
ここは作家さん達の作品や本や作品集を売っているコーナーです。
作家さん本人のいらっしゃる時もあり、サインをしていただいている方もいらっしゃいました。

11.23.3.JPG
披雲閣会場入口のサイン幕です。素晴らしい展示でした、ご覧いただいたお客様も
みなさん満足そうでした。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/368

コメントする

コメント