株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)10/30

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)10/30

今日の高松沖の海は、朝は風も無く薄雲が広がり島や行き交う船が
見えにくい霞がかかったような天気でした。
流石に10月も終わりなので、朝は肌寒く長袖のフリースやセーターが
欲しくなります。

朝の10時に、高松港に汽笛が数回鳴り響きました。
帆船「海王丸」が、高松港を出港する合図です。
大きな声で別れを惜しんでいるようで、おもわず「また来て下さい」って
気持ちになりました。
帆船の繊細で美しい姿を多くの人が目に焼き付けたと思います。
ここ数日間、近代的なサンポートが、優雅で芸術的で伝統を感じる
風景に変わっていました。
本当にありがとうございました。

午後からは、北西の風が吹いてきました。
やや強い風ですが、夕方過ぎには収まりそうです。
今日は、マリーナの定休日なので、何度か船の様子を見に行きました。
西風に煽られながらも、無事に浮き桟橋に繫がっていました。

明日は、犬島へ行きます。
天気も良さそうなので、楽しいクルージングになると思います。

では、また明日。

10.30.2.JPG
女木島、男木島、豊島、小豊島が、かすんで見えます。
風が無いので、靄が出ています。

10.30.4.JPG
この後、帆船「海王丸」は、高松港を出港しました。

10.30.14.JPG
午後から、西風が吹いてきました。風が強く吹くたびに、冬に近づいているような気がします。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/341

コメントする

コメント