株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)8/19

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)8/19

ここ数日毎朝とても良い天気なんですが、その天気が一日持ちません。
今日も倉敷地方には、雷や大雨の警報が出ていました。
小豆島の地蔵崎灯台付近では、東の風が9m以上吹いていて
マリーナから釣りに出ていった船は、何隻も慌てて帰って来ました。

晴れているなと思っても、突然真っ黒な雲で覆われてしまい
雨が降ってくることもあります。
本当に油断のできない気象状況です。

フィリピン沖の海上には新しい台風も発生したようですが
瀬戸内海にはあまり影響が無いようです。

この異常気象は日本近辺だけでは無くて、ヨーロッパでもおこっています。
ドイツで通常より12℃も気温が上がって37℃、フランスやスイスでも
35℃以上だったり英国やスペイン、イタリアでも7℃以上例年より
気温が高いそうです。

原因は一概には言えないのでしょうが、自然環境を壊してしまうような
事故や災害が、地球規模で長い間に起こり続けた結果なのかも知れません。
瀬戸内海の片隅で、毎日海や空を観ているだけでも、こんな事を感じてしまいます。

では、また明日。

8.19.3.JPG
今日も良い天気です。風は吹いていますが、波は小さいので良いセイリング日和です。

8.19.7.JPG
夕方巨大な雲が発生して、あたりが真っ暗になりました。雨が降るのかとビックリしましたが
大丈夫でした。

8.19.10.JPG
今日も素敵な夕日が観られました。雲の表情も素敵です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/252

コメントする

コメント