株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › きゃプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)3/11

きゃプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)3/11

今日は3/11です、あれから1年が過ぎました、お亡くなりになられた方の、ご冥福をお祈りいたします。
そして、被害に遭われた皆様が、一日も早く普通の生活に戻れるように、願っています。

さて本日は、朝から天気も良く、絶好のセイリング日和に見えます。
でも予報では、午前11時頃には強風が吹き2m以上の波に成り大荒れになるそうです。

十分に用心しながら、AM9:00高松マリーナを出港しました。
本日の乗船人数は8名です。
順潮で風も無く機走で11ノット以上出ています。

今日の目的地は、丸亀の沖にある本島にある笠島港です、その後隣の牛島へ行きます。
予定では、豊島唐櫃港へも行くつもりでしたが、天候が崩れそうなので、二島だけ回って
帰港するつもりです。

備讃瀬戸航路を横断して、JRの走る瀬戸大橋の下を通り、本島へはAM11:00に到着しました。
途中瀬戸大橋を過ぎたところで、水島航路内で大型船誘導水先案内のタグボートに、「そのままの進路で、速やかに通過して下さい」と、指示されました。
ちょっと、ビックリしました。

天候の変化が少し遅くなっているようなので、このまま牛島港へ行くことにしました。
その後、全速力で高松マリーナに向けて帰港しましたが、予報通りPM12:30には風波共に
荒れだし、マリーナの沖に達した頃には、風速15m以上、波高2m以上の大荒れになりました。

何とかマリーナに帰港して、厳重に桟橋に舫いを取り、無事に帰ることが出来ました。
運航中常時ipadで、気象情報を調べながら航行していましたので、だいたいいつ頃海が荒れ出すのか
分かっていたので、安心でした。

気持ちの良い海と厳しい海が、一度に味わえた良い一日でした。
とても楽しいクルージングでした。
P3110002.JPG

朝の間は良い天気で、ちょっと寒いだけで申し分の無いクルーズ日和に見えました。

P3110010.JPG

瀬戸大橋を通過しました、少し風が吹いてきました。

P3110017.JPG

高松サンポートが見えてきました、この時点で風速15m,波高1,5mです。
この後マリーナの入口あたりでは波高2,0m以上に成りうねりも出ていました。
予報通りになりましたが、無事に帰港しました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/58

コメントする

コメント