株式会社 風向

ホーム ›  島れぽ › キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2/19

キャプテン中山のログブック(ほぼ毎日航海日誌)2/19

朝起きると外は一面真っ白でした。
昨日からの雪が積もっています、高松市内にこんなに雪が積もるのは
本当に珍しいんです。

気温が低くて、日の当たらないところとかは雪が残っています。
ヨットのデッキの上は気温が低くてちょっと風が強いと、直ぐに氷ってしまいます。
おまけにびみょ〜に曲面になっているので、良く滑ります。

今船は陸上にあるので、海に落ちるってことは無いのですが、地面からの高さは
3m近くありますので、ここから落ちると痛いぐらいではすみません。

雪が降った後の天気は空気が澄んでいて、気持ちが良いです。
太陽の光もいつもよりキツく差しているような気がします。
でも午後からは風がキツくなりそうですので、本日の作業は中止にして
帰ることにしました。
帰り道もまだ所々氷っています、皆さん気をつけて日曜日をお過ごし下さい。

P2190002.JPG

朝起きると、外は一面真っ白でした、どおりで寒いわけです。

P2190009.JPG

マリーナはとっても良い天気です、空気が澄んでいます。

P2190006.JPG

ヨットにはまだ雪が残っています。
その雪が溶けるとき、風が吹くとあっという間に氷ってしまいます。
油断をすると滑りますとても危険です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.foucault.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする

コメント